スキップナビゲーション

[ 愛犬常識 ]
口コミを読む
犬の皮膚の秘密?
作成日 : 2019-05-31
作成者 : DUZ
照会 : 56

犬の皮膚は、人と違う点が多いのですが、


 


人の場合、皮膚のpH5.5で酸性であるが、犬は7.5pHに中性(弱アルカリ)です。犬と人がシャンプを別に使わなければならないというのはこのようにpH 濃度が違うからです。

 

人と違う

人の皮膚層は1015層で構成されているが、犬は35層にしかありません。

 



また、汗腺の達が微弱で、汗を通じた体の排出がうまく取れません。

 

犬の皮膚管理のために、毛は通常よりも長くカットしてください。

寒いかと考えて、美容管理をしないと、かえって毛が絡み合うか、束に固まると肌に湿気が多くなる可能性があります。また、冬には体を維持するために毛を平常より長く、カットしてください。

 





冬に厚い部屋着は避けよう。室で厚い服を被らせると、皮膚の呼吸が困難にあり、乾燥症、角質が生じることがあります。自分の目で寒く見えるとして、厚い服を着せると子たちが困難になることが生じます。

 



衛生と潔にそして室を使って下さい。

犬の皮に膚は細かい毛で覆われており、潔にを使わなければ、皮膚病にかかりやすくなります。また、室度と湿度が合わない環境であれば、細菌、菌に露出しやすいので注意しましょう。





 


掲示文のリスト
番号
タイトル
作成者
作成日
照会
5
DUZ
2019-05-31
48
4
DUZ
2019-05-31
56
3
DUZ
2019-05-31
51
2
DUZ
2019-05-31
55
1
DUZ
2019-05-31
67
  1. 1